日焼けが影響する毛皮の買取価格と対策方法

毛皮の日焼けによる変色・日焼けして色あせた生地は、買取時にはマイナス要素となるポイントです。太陽の光に含まれる紫外線は、色の退色させる作用を持ちます。そのため保管状態が悪いと、毛皮が変色してしまって美しい色合いが失われてしまいます。こうなってしまうと、クリーニングしても色は元に戻りません。しかし高値買取を諦めるのはまだ早いです。日焼けで変色してしまった毛皮も、元の美しい色の状態にできるだけ戻せる方法は残されています。

方法の一つに毛皮の染色業者に依頼すれば、日焼けで色が変わってしまった場合でも修復できる可能性があります。毛皮の毛は人間の髪の毛に近い構造を持ち、同様の染色技術が応用できます。ただし、毛皮の元の色を表現するためには高い染色技術が必要なため、染色を任せる業者選びも慎重に行う必要があります。

また毛皮の染色が必要にならないよう、普段から毛皮の保管状態には配慮が必要です。家の中で保管する際には、できるだけ日光の当たらない場所を選んで保管を行うのがベストです。風通しの良いクローゼットの中に保管すると、日焼けによる買取評価低下の問題は避けられます。もしハンガーラックで毛皮を保管するなら、カバーを掛けるなどの配慮が高値買取のために必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です